ストールは室内で外すべきか

ストールの巻き方

Q.ストールは室内ではずすべきでしょうか。 ゆるめのオフィスカジュアルの会社で勤めています。 さし色として使おうかと思っているので、とってしまうと地味になりそうで気になっています。

20代男性

A.会社内と言うこともあり、寒い場合を除いては建物内ではストールを外すのが宜しいかと思います。ストールも最初からシワ加工が施されているデザインのものでしたら、畳まずそのままバッグの中に入れても、へんなシワあとが付くこともないので、畳むのが面倒な方にもオススメです。

会社内でストールを使っても平気な場合には、首からそのまま垂らして使うとこなれ感ある雰囲気になり、ジョルジナ巻きやワンループで巻くと、キッチリとした印象になります。また、マフラーはストールとは違って厚手で、アウターと合わせないと圧苦しい雰囲気になりますので、室内でのマフラー使いは控えるようにしましょう。会社内では特に、“さりげなく”ストールを使うことで、周りからの評価も高くなるといえるでしょう。くれぐれも着飾っている感を出さないようにするのが、室内でストールを使う際のポイントです。

ページトップ


Push Item

  • ペイズリー柄ストール

    5,980円

  • 無地ストール

    5,780円

  • ペイズリー柄ストール

    6,400円

  • ペイズリー柄ストール

    5,480円

  • チェック柄ストール

    6,980円

  • 霜降りマフラー

    5,980円

  • ベージュマフラー

    5,800円

  • デザインストール

    5,980円

  • カーキストール

    8,600円

  • 無地ストール

    9,800円

  • 無地ストール

    5,780円

  • ボーダー柄ストール

    6,980円

  • チェック柄ストール

    6,480円

  • チェック柄ストール

    5,980円

  • チェック柄ストール

    5,980円

  • オーガニックコットン素材のストール

    15,980円

  • コットン素材のストール

    5,980円

  • コットン素材のストール

    4,980円

  • コットン素材のストール

    4,980円

  • コットン素材のストール

    6,290円

  • モダール(レーヨン)素材のストール

    6,800円

  • オーガニックコットン素材のストール

    12,980円

  • ポリエステル素材のストール

    6,400円

  • ポリエステル素材のストール

    5,480円