ストールの巻き方に悩んだらまずはこちらの巻き方を。|メンズストール通販サイトDAZZLE
 


ストールの巻き方に悩んだら“垂らす”のがオススメ

ストールに慣れていない人がコーディネートに取り入れる際、一番悩みがちなのが”ストールの巻き方”。スナップ写真や雑誌などを見てどのように巻けばオシャレに見えるのか鏡の前で練習するのはストール好きの誰もが通る道ですが、以外とコーディネートにハマりやすい巻き方は、ストールを首にかけて垂らしただけのシンプルな使い方。このストールの使い方は女性にとても人気が高く、ファッション雑誌などでも度々目にする巻き方ですが、実は、ストールを縦に一直線にすることで他の人が見たとき目線が上下に行きやすく、身長が高く見えたり、スタイル良く見えるといった”視覚効果”を利用できる巻き方でもあります。そのため、一番簡単なストールの巻き方ですが、ストールを知っている人ほど、この使い方をしている人が多くいます。

温度調節のしやすいストールの巻き方

また、ストールをダラリと垂らしただけの巻き方は見ためもさることながら、首元の温度調整にも一役買う巻き方でもあります。季節の変わり目でありがちな外と室内の温度のギャップ。ショッピングをしているときや電車に乗ったときなどに、寒いところから一気に暖かいところへ入ると汗が急に出てきたりしますが、このストールの使い方をすることで首に接している面が他の巻き方よりも少ないため、汗をかきにくいのがこのストールの巻き方の特徴でもあります。そのため、人によっては外ではストールを首にぐるっと巻き、室内では垂らして使うといった、場面に合わせた使い方をしている人もいます。

奥が深いのもこのストールの巻き方の特徴

このストール使い方はとてもシンプルな巻き方ゆえに、アレンジがとても効く巻き方でもあります。例えば同じストールでも長く見せたいときには、ストールの端を対角線上に持ってから先を尖らすようにして首から垂らすことで、ストールの先を揃えたときよりもストールを長く見せることが可能です。

他にも垂らし巻きのアレンジ方法はいくつかありますので、詳しくはこちらの“ストールの巻き方ページ”をご覧ください。

⇒ コラム一覧へ戻る
⇒ 巻き方一覧へ

ページトップ


Push Item

  • ペイズリー柄ストール

    5,980円

  • 無地ストール

    5,780円

  • ペイズリー柄ストール

    6,400円

  • ペイズリー柄ストール

    5,480円

  • チェック柄ストール

    6,980円

  • 霜降りマフラー

    7,400円

  • ベージュマフラー

    5,800円

  • デザインストール

    5,980円

  • カーキストール

    8,600円

  • 無地ストール

    9,800円

  • 無地ストール

    5,780円

  • ボーダー柄ストール

    6,980円

  • チェック柄ストール

    6,480円

  • チェック柄ストール

    5,980円

  • チェック柄ストール

    5,980円

  • オーガニックコットン素材のストール

    15,980円

  • コットン素材のストール

    5,980円

  • コットン素材のストール

    4,980円

  • コットン素材のストール

    4,980円

  • コットン素材のストール

    6,290円

  • モダール(レーヨン)素材のストール

    6,800円

  • オーガニックコットン素材のストール

    12,980円

  • ポリエステル素材のストール

    6,400円

  • ポリエステル素材のストール

    5,480円